マイクロソフトは、Pentiumプロセッサを搭載したSurfaceタブレットのバジェットバージョンをリリースする予定です。

マイクロソフトは、3月に発表された競合するように設計された一連の安価なWindows-tablet Surfaceを、スタイラスのサポートを備えたApple iPadでリリースする準備をしています。リソースWinFuture.deによると、新しいデバイスにはIntel Pentiumファミリーの低パフォーマンスプロセッサが搭載される予定です。

最も手ごろな価格のMicrosot Surfaceモデルの価格は約400ドルで、これは最新のApple iPadの価格である329ドルよりわずかに高い。ただし、799ドルから始まるSurface Proの価格と比較すると、この提案は予算と見なすことができます。

Windows 10 Proオペレーティングシステムを搭載した新しいタブレットには、10インチスクリーンとIntel Pentium Silver N5000、Pentium Gold 4410Y、およびPentium Gold 4415Yプロセッサが搭載されます。さらに、LTEモデム、128 GBの内部メモリ、およびUSB Type-Cコネクタが期待されています。

デバイスの正式発表はまもなく行われます。